PMS(月経前症症候群)

Pre Menstrual Syndrome

生理の前になるとイライラしたり、ふさぎ込んだり、お友達や家族とトラブルになったことはありませんか?

それがPMSです!男性にはわからないことですね。多くの女性がこのことで相談にいらっしゃいます。 適正なアドバイス治療をアドバイスさせていただきます。

PMS

PMSの症状

PMS(月経前症候群)の症状は、女性の月経周期の前に現れる身体的および心理的な症状です。一般的に、PMSの症状は、生理開始の数日前から1週間程度の期間に現れます。

見出し画像

心理的な症状

  • 緊張感や不安感
  • イライラや怒り
  • 気分の落ち込みや悲しみ
  • 過度の疲労感や眠気
  • 集中力の低下や記憶力の低下
  • 食欲の増減や食事に対する異常な欲求
見出し画像

身体的症状

  • 腹痛や下腹部の不快感
  • 頭痛やめまい
  • 胸の張りや痛み
  • 吐き気や食欲不振
  • 下痢や便秘
  • 肌荒れやにきび

PMSの治療方法

見出し画像

ピル

PMSの治療には、ピルの使用が一つの方法として考えられます。ピルには、卵巣機能を抑制する働き、ホルモンバランスの乱れを整える効果があります。また、ピルに含まれるプロゲステロン成分によって、PMSによる不快な症状を軽減することができます。ただし、ピルは副作用があるため、医師の指導のもとで正しい使用方法を守ることが大切です。

見出し画像

抗うつ剤や抗不安薬

PMSの治療において、抗うつ剤や抗不安薬も使用されることがあります。これらの薬は、PMSに関連する精神症状を緩和するのに役立ちます。

特に、PMSによるイライラや不安感、うつ症状に効果があります。ただし、これらの薬も副作用を引き起こす可能性があるため、医師の指示に従って正しい用法・用量を守って使用する必要があります。

見出し画像

漢方薬

ホルモン剤に抵抗がある場合飲めない場合には、PMSの治療に漢方薬を試すとよいでしょう。 例えば 落ち込みがひどい方には「加味帰脾湯」イライラには「抑肝散」などいろいろな種類がありますので、先生にあった処方をしてもらいましょう。ただし即効性ではありませんので効果が表れるのには数か月かかることもあります。

日常生活での工夫と過ごし方

月経の少し前からPMSになりそうな場合は生活をゆったりと心がけ、外出や人との交流を少し控えたり、月経が近いと周りの方に周知しておくこともいいかもしれません。

またリラックス効果の高い ハーブティーやアロマで心を穏やかにするとよいでしょう。