生理不順だと妊娠しにくい?

difficult to get pregnant

生理不順はどの年代でも起こるの?

婦人科を受診される患者さんからの相談事項の中で、多いのは生理不順や予期しない出血です。患者さんの年齢層は幅広く、10代から50代前半の更年期に差し掛かる世代まで様々です。生理が始まる思春期や、閉経に近づくプレ更年期は特に生理不順が起こりやすい時期です。

近年では、生活習慣によるストレスや体が冷えたり、急激な体重の減少増加が原因で、本来ホルモンバランスが安定している若い世代の女性にも生理不順を訴える方が増加しています。 生理不順があると妊娠しにくくなる可能性があります。ただし、生理不順が妊娠に与える影響は、その程度や原因によって異なりますので、必ずしも「生理不順=妊娠困難」とは限りません。


生理不順には様々なパターンがあり、周期が不安定であったり、連続して少量の出血が見られることが多いという特徴があります。

お腹に手を当ててる女性

どこからが生理不順になるのか

正常な生理周期は25日~40日とされています。もし通常30日前後の周期で生理があるが、年に1~2回40日ほどかかる場合があっても、これは一般的に問題ないとされる範囲内の変動です。

しかし、25日から38日の周期内にあっても、周期の不規則性が大きい場合や、非常に少量の出血で終わることがある場合は、排卵が起こっていない可能性があります。このような場合、1~2ヶ月間基礎体温を記録し、もし体温が低い状態が続くなら、婦人科での相談が望ましいでしょう。

また、体重の急激な減少、精神科の薬の服用、過度の徹夜など、生理不順の明らかな原因がある場合は、早めに医師に相談することが重要です。

生理不順で受診が推奨されるその他のケースには以下のようなものがあります。

  • 生理周期が24日未満または45日以上
  • 生理期間が1~2日で終わる
  • 基礎体温が一貫して低い
  • 3ヶ月以上生理が来ない

特に、妊娠を希望している場合や、周期の不規則性や低体温が気になる場合は、早めに医師の診察を受けることが勧められます。

生理不順だと妊娠しにくい?

20代から30代の女性の間で一般的な疑問として、「生理不順があると妊娠に影響しますか?」という質問がよくあります。たとえ即座に妊娠を考えていなくても、生理不順が妊娠への影響を与える可能性に関する不安は、多くの女性が抱えているようです。

確かに、ホルモンの不均衡や排卵不全は不妊の原因となり得ます。そのため、生理不順が続くと妊娠の難しさが増す可能性は否定できません。しかし、生理不順があるからといって、必ずしも妊娠不可能というわけではありません。妊娠を望まない場合でも、避妊は必要です。

生理不順が妊娠確率に与える影響を具体的な数値で示すことは難しいです。一般的に、20代から30代の健康な女性の妊娠率は「1年間で約85%」とされていますが、これはあくまでおおよその数値です。

生理不順の原因は様々で、妊娠に影響を与える一般的な原因としては、「多嚢胞性卵巣症候群」が挙げられます。この症状では、排卵障害により生理周期の乱れや断続的な出血が起こりやすくなります。また、男性ホルモンの増加により、ニキビや多毛症などの男性的特徴が現れることもあります。

体重減少による無月経、すなわち体重減少性無月経も妊娠しにくさにつながることがあります。この場合、まずは健康的な体重に戻すことが重要で、婦人科的な治療だけでなく、精神科や内科的なアプローチも必要になることがあります。

生理不順にお悩みの方は、名古屋市の栄駅にあるマーメイドクリニック栄へ

生理不順は10代から50代前半の幅広い年齢層に影響を及ぼすことがあり、原因は多岐にわたります。特に、生活習慣やストレス、体の冷えなどが原因で、本来ホルモンバランスが安定しているはずの20代から30代の女性にも生理不順が増えています。生理不順が必ずしも妊娠しにくいというわけではありませんが、妊娠を望まれている女性にとっては、早めに婦人科での診察を受けることが重要です。